【vol.25】緊急ではないが重要なこと

【vol.25】緊急ではないが重要なこと

日本私産運用協会の運営事務局です。
 
今年も早いもので2ヶ月が経過しました。
 
今日のテーマではある、
「緊急ではないが重要なこと」
を聞いた事がある方は多いと思います。
 
会社、チーム、個人で抱えている
タスクを整理する時によく利用する
機会が多いかと思います。
 
タスクを洗い出して、
重要なこと
重要でないこと
緊急なこと
緊急でないこと
で分けてゆきます。
 
締切が今日中の支払いなどは緊急かつ
重要で、最優先タスクに分類されます。
 
同僚や友人から急な飲み会の誘い
などは緊急だが重要じゃないもの
になります。
 
先に行動をするためには
『緊急ではないが重要なこと』
を意識する。
 
仕事をする上で大事だと言われます。
仕事以外でも同じ事が言えるの
ではないでしょうか?
 
人生を軸に置いた時、
『緊急ではないが重要なこと』に
該当することは何でしょうか。
 
大事な事を放置して緊急になった時、
対応出来れば、問題はありませんが、
全てが出来るとは限りません。
 
セミナーでご紹介していますが、
副業をやっている方の率は、
 
本業の年収が200万未満か
800万以上の方で5%程です。
年収400万円前後は2%程です。
 
年収200万未満の方は「緊急」
年収800万を超えている人は
『緊急ではないが重要なこと』を
意識しているのだと思います。
 
私産運用は
『緊急ではないが重要なこと』です。
 
老後を迎えて緊急になる前に
時間を取って重要な事を
考える、取り組む事を
オススメ致します。
 
お金をコントロール出来る方は
時間もコントロール出来る方です。
 
ご購読ありがとうございます。
 
===============
【 日本私産運用協会 活動理念 】
 
正しい資産運用の考え方を日本に広げ、
人々を豊かにし、日本を豊かにする
===============
 


日本私産運用協会 運営事務局
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-4-9 日本橋MMIビル8階A