【vol.7】家計の金融資産構成比50%以上が現金

【vol.7】家計の金融資産構成比50%以上が現金

=================================
日本私産運用協会メールマガジン:vol.7 
=================================
 
セミナーでもお伝えしていますが、
日本は”お金”の話をする機会が少なく
煙たがられる事もまだまだ多いです。
 
江戸幕府300年の歴史の中で
「士農工商」の考えが根付き
お金の話がしづらい雰囲気が
残っていると考えられています。
 
は、お金が嫌いなのでしょうか?
 
そんなことは全く無いと思います。
 
むしろ、お金そのものを大切にする
傾向が強く資産運用になかなか
踏み出せない人も多くいると思います。
 
日本銀行調査統計局が発表している
『家計における金融資産構成比』から
日本は他国に比べ、現金保有が多い
ことがわかります。
 
◎現金・預金構成比
 日本 :52.3%
 米国 :13.9%
 ユーロ:34.6%
 
一方、運用に該当する資産は
日本が少ないことがわかります。
 
◎株式、投資信託構成比
 日本 :13.6%
 米国 :46.1%
 ユーロ:24.9%
 
預金が多い事が悪い
運用資産が少ない事が悪い
とは思いません。
 
しかし
 
銀行金利 0% に近い今の日本で
多くを預金しておくことは
もったいないと感じます。
 
物価上昇を考慮すると現在の金利では
資産を目減りさせる可能性もあり
よりもったいないと感じます。
 
資産を守るだけでも、
行動を取る必要が時代だと思います。
 
ご購読いただきありがとうございます。


日本私産運用協会 運営事務局
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-4-9 日本橋MMIビル8階A