【vol.78】雇用保険料引き上げ検討、厚労省  財源逼迫、雇調金支給4兆円超え

【vol.78】雇用保険料引き上げ検討、厚労省  財源逼迫、雇調金支給4兆円超え

日本私産運用協会の事務局です。
 
 
コロナ禍により、働く側と雇う側にもしわ寄せが全体に波及し、国費としての税金の投入がされる見込みです。
 
 
雇用保険は、仕事を失っても生活に困らないようにするための事業と、
雇用安定や能力開発の事業に大きく分けられていて、保険料は労使双方が支払い、一部には国費も充てられている。
 
 
具体的な引き上げ率は、2021年秋にも議論され、早ければ2022年の通常国会に雇用保険法の改正案を提出する方針。
 

https://nordot.app/792923199120539648?c=39546741839462401
7/28 共同通信社 記事より抜粋


日本私産運用協会 運営事務局
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-4-9 日本橋MMIビル8階A