【vol.75】不動産ID、提供始まる 土地取引の円滑化に期待 / 生命保険契約照会制度の創設(2021年7月1日開始)~確実な保険金請求のためのセーフティネット~

【vol.75】不動産ID、提供始まる 土地取引の円滑化に期待 / 生命保険契約照会制度の創設(2021年7月1日開始)~確実な保険金請求のためのセーフティネット~

日本私産運用協会の事務局です。

 

今回は不動産と保険に関するシェアになります。

 
 

【不動産ID、提供始まる 土地取引の円滑化に期待】

 

共通の不動産IDをもとに情報を連携しやすくするほか、

業務の効率化を推進と記事にはあります。

 

 

不動産業界でもITが一気に進むことにより、

中間業者などは縮小していくかもしれません。

 

 

ユーザーの扱いやすさとインターフェースが向上することを

期待したいですね。

 

 

2021年4月27日 日経新聞より抜粋

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ230D1023032021000000/?fbclid=IwAR0lCYJiO58rOSVCJTf0SENzIQNVls3_qLOTABmRHMTci9Jr_f_-W2jw5dE

 

 

ーーーーー

 

 

【生命保険契約照会制度の創設(2021年7月1日開始)

~確実な保険金請求のためのセーフティネット~】

 

 

今回創設する「生命保険契約照会制度」では、

契約者・被保険者がお亡くなりになった場合、

認知判断能力が低下している場合において、

法定相続人、法定代理人、3親等内の親族などからの

照会を生命保険協会が受け付ける内容になります。

 

 

この制度を活用しなくてもよいように、

生前から家族を交えて、

贈与や相続の話ができればいいですが、

この制度が何かあった際の助けになることは、

日本において増えていきそうです。

 

 

一般社団法人 生命保険協会HPより抜粋

https://www.seiho.or.jp/info/news/2021/20210611_1.html?fbclid=IwAR27aPwPYfAgXYbEv2sApkXguNBQEIEKPu1o60lZx2sT822UWef-NZ9PdjU

 


日本私産運用協会 運営事務局
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-4-9 日本橋MMIビル8階A